トップ > TOKYO NEWS BOOKS > 『やっぱり友だちはいらない。』(TOKYO NEWS BOOKS)

こんにちはゲスト 様

『やっぱり友だちはいらない。』(TOKYO NEWS BOOKS)

販売価格
1,404円(税込)
予約販売中

商品仕様

発売日 2017年12月19日
著者名 押井守
判型 四六判
『やっぱり友だちはいらない。』(TOKYO NEWS BOOKS)
“友だちはいいものだ”誰もがそう言います。SNSでもリアルでも「友だち」が重要視されるいまは「友だちの時代」とも言えるかもしれません。そんな時代に、「友だちは必要ない」と語る、異才・押井守監督による“本当に大切な人間関係は何か”を改めて問う一冊です。
ロングセラー『友だちはいらない。』(TV Bros.新書)に新たな2章を加えた増補版。

(内容は変更となる場合がございます)
著者プロフィール
押井守(オシイマモル)
映画監督。1951年生まれ。東京都出身。1977年、竜の子プロダクション(現:タツノコプロ)に入社。スタジオぴえろ(現:ぴえろ)を経てフリーに。主な監督作品に『うる星やつら オンリー・ユー』(’83年)、『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』(’84年)、『機動警察パトレイバー the Movie』(’89年)、『機動警察パトレイバー2 the Movie』(’93年)。『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』(’95年)はアメリカ「ビルボード」誌セル・ビデオ部門で売り上げ1位を記録。『イノセンス』(’04年)はカンヌ国際映画祭コンペティション部門に、『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』(’08年)はヴェネツィア国際映画祭コンペティション部門に出品された。近作に『THE NEXT GENERATION パトレイバー』シリーズ全7章(’14~’15年)、『THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦』(’15年)。最新作は『ガルム・ウォーズ』(’16年)。

カスタマーレビュー

おすすめ度

(0件のカスタマーレビュー)

あなたの意見や感想を教えて下さい。

ページトップへ