トップ > 書籍 > TOKYO NEWS BOOKS > 『甲子園!愛知4強物語 強豪校の歴戦の記録と感動秘話』(TOKYO NEWS BOOKS)

こんにちはゲスト 様

『甲子園!愛知4強物語 強豪校の歴戦の記録と感動秘話』(TOKYO NEWS BOOKS)

販売価格
1,620円(税込)

商品仕様

発売日 2018年6月30日
著者名 鶴哲聡
判型 四六判
『甲子園!愛知4強物語 強豪校の歴戦の記録と感動秘話』(TOKYO NEWS BOOKS)
今年で100回目を迎える夏の甲子園大会「第100回全国高等学校野球選手権 記念大会」。平成時代最後の大会でもあり、また20世紀生まれの選手が出場する最後の大会でもある。この節目の年にかつて野球王国と呼ばれた愛知県の私学4強について一冊の書にまとめた。長年にわたり強豪高校が切磋琢磨する県は他に類を見ず、それはまた愛知県の高校野球の歴史そのものともいえるだろう。全国1の出場数と優勝数を誇る中京大中京を支える独自の哲学、またイチローや工藤公康、山崎武司といった個性派OBが揃う愛工大名電のそのワケ、また老将・柴垣監督率いる享栄にライバル校の中京大中京から赴任する大藤監督の存在、春の甲子園で無念の涙を飲んだ古豪・東邦。この4校には歴史と実績にみあったピソードや歴史がある。また第2章では4強に迫る新興校の実力比較、第3章では忘れられない愛知県予選の激闘をプレイバックする。

(※内容は変更になる可能性があります。)
著者プロフィール
鶴 哲聡(ツル アキトシ)
フリーライター。スポーツ全般をフォローするが、野球とラグビーが得意分野。元中日ドラゴンズのチーフスカウト法元英朗著『ドラマは球場の外にある』(ぴあ)執筆など。特に高校野球に詳しく、古今東西の予選から甲子園大会本戦のウオッチャーでもある。

カスタマーレビュー

おすすめ度

(0件のカスタマーレビュー)

あなたの意見や感想を教えて下さい。

ページトップへ