トップ > タレント本/ホビー > その他 > カラダとココロの筋トレBOOK~更年期はオンナの人生 好転期~

こんにちはゲスト 様

カラダとココロの筋トレBOOK~更年期はオンナの人生 好転期~

販売価格
1,008円(税込)
代引き不可

心身ともに、前向き&笑顔で人生を過ごすために、ミドルの女性が知っておくべきこと、備えたいことを1冊にまとめました

商品仕様

発売日 2013年3月29日
判型 AB判

  
30代、40代から始まっている!? 「なってから知る」では、もう遅い!!
ロコモティブ・シンドロームにならないためにも知っておきたい、
そして、

まだまだビューティーをあきらめないあなたのためのメンテナンス術が満載


「ロコモティブ・シンドローム」という言葉、まだ知らないのですか!
NHKの「あさイチ」をはじめ、各テレビ局の情報番組などで昨年秋以降、急速にとりあげられ始めた言葉=「ロコモティブ・シンドローム」。高齢になるにつれて生じる、筋力や骨の強度の低下などにより、介護が必要になる(もしくは、その危険性が高まる)状態のことです。高齢化がさらに進む超高齢化社会・日本において、現在、厚生労働省をはじめ、官民をあげて、この症例、言葉の認知を高める動きが加速しています。現状から予測すると、要介護者は増加の一途をたどり…医療機関、ケア関連施設やマンパワーが不足することは、「火を見るより明らか」なためです。

 

「なってから知る」では、もう遅いのです!他人ごとではありません!!
この状況はけっして他人ごとではありません。私たちは、確実に年を重ねますが、おそろしいことに「高齢となって、筋力が衰えたことに気づいたとき」では、もう遅いのです。とくに女性にとっては、閉経に伴うホルモンバランスの変化が生じるとともに、会社を退職したり、それまでより外出する機会が減る=家にいる時間が長くなるなど、体調や環境の変化が訪れるミドルエイジが、ひとつの分岐路になってきます。この時期に、どう過ごすかが、重要なポイント…ある意味、その後の人生を左右する分岐点でもあるのです。

 

40代、50代は、老けのボーダーライン。そして…その後の人生の分岐点
心身ともに、前向き&笑顔で人生を過ごすために、ミドルの女性が知っておくべきこと、備えたいことを1冊にまとめました。

婦人科の医師による、あなたの現状を知るためのセルフチェックテストと分かりやすい解説&セルフケア術、パーソナルトレーナーによる、イスに座って、寝転がって、そしてTVを見ながらできる、カンタンなエクササイズ=「美筋力体操」、メンタルトレーナーによる、快適な毎日を送るためにも「あきらめない」気持ちを保つためのセルフメンタルトレーニング…など、あらゆる角度から、あなたの更年期を好転期に変える1冊です。

カスタマーレビュー

おすすめ度

(0件のカスタマーレビュー)

あなたの意見や感想を教えて下さい。

ページトップへ