トップ > 書籍 > TOKYO NEWS BOOKS > 『現地在住日本人ライターが案内する はじめてのミャンマー』(TOKYO NEWS BOOKS)

こんにちはゲスト 様

『現地在住日本人ライターが案内する はじめてのミャンマー』(TOKYO NEWS BOOKS)

販売価格
1,620円(税込)

商品仕様

発売日 2018年3月22日
著者名 板坂真季
判型 四六判
『現地在住日本人ライターが案内する はじめてのミャンマー』(TOKYO NEWS BOOKS)
海外在住スペシャリストの現地案内シリーズ第3弾。130以上の少数民族が暮らす多民族国家「ミャンマー」。ヤンゴンはコロニアル建築とパゴダが織りなす情緒溢れる風景が醍醐味で、ペニンシュラなど高級ホテルが続々開業予定。欧米人に絶大な人気を誇るバガンは、フォトジェニックな遺跡の風景が楽しめる。著者は海外在住20年以上、ミャンマー在住5年のライター板坂真季さん。文化人類学を修めた著者の考察力と、ユーモラスな文体が心地いい。

(※内容は変更になる可能性があります。)
著者プロフィール
板坂真季(イタサカ マキ)
大阪府箕面市出身。京都大学大学院・文化人類学講座博士課程単位取得退学。20代後半よりバックパッカーとして世界中を100ヶ国近く放浪した後、日本でのライター業を経て、中国・上海およびベトナム・ハノイで現地情報誌や航空会社の機内誌の編集に計7年以上にわたり携わる。その間、日本の雑誌やwebメディアへの寄稿、雑誌の取材コーディネート、ガイドブックの編集にも従事。ハノイ在住時にミャンマーにはまり、何度か旅行するうち移住を決意。2014年1月からヤンゴンに住み、ライターおよび取材コーディネーターとして活躍する傍ら、現地日系旅行会社の広報も務める。「超アクティブ」を自認し、早朝から深夜までヤンゴンの街を見て、買い、食べ回る日々。民主化の端緒から住んできたのが強みで、近年続々とオープンする飲食店やショップを全て網羅していると豪語するほど。在住5年目になる現在も隔週で地方旅行しており、全土の観光地情報にも通じている。本書では、そんな彼女の全知識を総動員し、見所はもちろん、日本ではあまり知られていないミャンマーの美味しいグルメスポットや雑貨マニア垂涎のミャンマー雑貨を購入できるショップなどを紹介する。
お知らせ
P37に掲載している「ゴールデン・チョップスティック」が閉店になりました。

カスタマーレビュー

おすすめ度

(0件のカスタマーレビュー)

あなたの意見や感想を教えて下さい。

ページトップへ