トップ > 書籍 > TOKYO NEWS BOOKS > 高体連vsJクラブユース『育成年代』日本サッカーの将来を担うのはどっちだ!?(TOKYO NEWS BOOKS)

こんにちはゲスト 様

高体連vsJクラブユース『育成年代』日本サッカーの将来を担うのはどっちだ!?(TOKYO NEWS BOOKS)

販売価格
1,650円(税込)

商品仕様

発売日 2019年12月18日
著者名 原田大輔
判型 四六判
当商品の決済・配送機能は、ハイブリッド型総合書店「honto」へ移管いたしました。
ご購入はコチラから。(ご購入には「honto」への会員登録(無料)が必要です)
「高体連vsJクラブユース『育成年代』日本サッカーの将来を担うのはどっちだ!?」発売
Jリーグ発足以来、高体連サッカー部とJリーグアカデミーはお互いに切磋琢磨することで、日本サッカーの質を高めていった。これは世界でも類を見ない育成のシステムではないか。果たして今後の日本サッカーを背負っていくのはどちらなのか。本企画ではプロ養成機関のJリーグアカデミー、そしてJリーグアカデミーと互角に戦う高体連サッカー部の強豪校にスポットを当て、次代の日本サッカーを担う両組織のメリット、デメリットなどを検証していく。

【目次より】
第1章 日本サッカー協会が目指す育成の姿
日本サッカー協会 JFAユース育成ディレクター 池内豊

第2章 高体連サッカー部強豪校の監督に聞く(1)
流経大付属柏高校サッカー部監督 本田裕一郎

第3章 高体連サッカー部強豪校の監督に聞く(2)
前橋育英高校校長 サッカー部監督 山田耕介

第4章 Jクラブユースの指導者に聞く(1)
FC東京 U-18監督 中村忠

第5章 Jクラブユースの指導者に聞く(2)
柏レイソル アカデミーダイレクター兼スカウト 渡辺毅

第6章 日本サッカー界の育成に異議あり
ACミランアカデミー千葉
テクニカル・ディレクター ルカ・モネーゼ

第7章 育成年代・世界と戦うために必要なものとは
日本サッカー協会 U-18日本代表監督 影山雅永


著者プロフィール
原田 大輔

1977年1月27日生まれ。サッカー専門誌の編集を経て、2004年より『ワールドサッカーグラフィック』の編集部に所属。同誌では編集長を務め、06年ドイツワールドカップやユーロ2008を取材。その後、09年に独立し、スポーツ専門プロダクション『SCエディトリアル』を立ち上げる。複数のスポーツ専門誌やスポーツメディアに記事を寄稿しつつ、書籍や雑誌のプロデュースも行う。構成を担当した主な書籍としては『小さくても、勝てる。』(佐藤寿人/幻冬舎)、『あきらめない勇気』(佐藤勇人・佐藤寿人/東邦出版)、監修した書籍としては『2018ロシアワールドカップ完全ガイド』(TAC出版)、MOOKで『FOOTBALL PEOPLE』シリーズ(ぴあ)などがある。Jリーグの取材も積極的に行っている。

カスタマーレビュー

おすすめ度

(0件のカスタマーレビュー)

あなたの意見や感想を教えて下さい。

ページトップへ