こんにちはゲスト 様

TV Bros.   2020年3月号

判型 A4ワイド
発売日 2020年1月24日
※店頭での発売日は一部地域により異なります。
表紙 King Gnu

※最新号の表紙とは限りません

  • 【コンテンツ】

一冊からのご注文はこちら

タイトル 価格(税込) 送料
TV Bros.
2020年3月号
700円 通常送料
カートに入れる
定期購読プラン 価格(税込) 1冊あたり 特典 送料
当商品の決済・配送機能は、ハイブリッド型総合書店「honto」へ移管いたしました。
ご購入はコチラから。(ご購入には「honto」への会員登録(無料)が必要です)
編集部からこんにちは
King Gnuが登場!

こんにちはテレビブロス編集部です。
今号は、昨年の『NHK紅白歌合戦』に出場し、いよいよ音楽シーンの最前線に立ったKing Gnuが登場。変わりゆく渋谷に佇む彼らを収めた撮り下ろしフォトに、ニューアルバム『CEREMONY』の全曲解説、そしてロングインタビューなど、2020年にさらなる飛躍を遂げるであろう彼らの素顔に迫ります。

巻末特集では、ドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」出演の横浜流星、ドラマ「SEDAI WARS」に「ホームルーム」と2作で主演を務めている山田裕貴が登場。スペシャルグラビア&インタビューをぜひご覧ください。

また、特集では、映画『風の電話』、『恋恋豆花』と2作の映画で主演を務めるニュースター・モトーラ世理奈、ドラマ『絶メシロード』主演の濱津隆之、SKE48の26thシングル『ソーユートコあるよね?』にかける思いを明かす須田亜香里、裏方を愛しすぎているタレントNo.1(TV Bros.調べ)の坂下千里子、恒例のB級シリーズではまさかのAV特集と、全方向にベクトルを向けてお送りします。

さらにカラーページでは、映画『音楽』で声優を務める竹中直人、坂本慎太郎と原作・大橋裕之の豪華鼎談、indigo la Endの香港ツアー密着リポートをお届けします。

地上波、BS、CS、配信作品のレコメンドページも一層躍動。バラエティー、ドキュメンタリーなどの番組解説と共に、テレビ批評集団「ブロス探偵舎」がぶった斬るコーナーなど、今号も奮っております。

今号も、テレビブロスをどうぞよろしくお願いいたします!

TV Bros.編集部一同

最新号コンテンツ

※目次画像はこちらからもご覧いただけます。

最新号コンテンツ

表紙

King Gnu

特集1

King Gnu
「NEW POWER,NEW ICON」


昨年の『NHK紅白歌合戦』に出場し、いよいよ音楽シーンの最前線に立ったKing Gnuが登場。変わりゆく渋谷に佇む彼らを収めた撮り下ろしフォトに、ニューアルバム『CEREMONY』の全曲解説、そしてロングインタビューなど、2020年にさらなる飛躍を遂げるであろう彼らの素顔に迫ります。

特集2

カラーグラビア&インタビュー1

横浜流星、山田裕貴

巻末特集では、ドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」出演の横浜流星、ドラマ「SEDAI WARS」に「ホームルーム」と2作で主演を務めている山田裕貴が登場。スペシャルグラビア&インタビューをぜひご覧ください。

特集3

カラーグラビア&インタビュー2

映画『音楽』座談会、indigo la End

映画『音楽』で声優を務める竹中直人、坂本慎太郎と原作・大橋裕之の豪華鼎談、indigo la Endの香港ツアー密着リポートなどをカラーページでお届けします。

特集4

モトーラ世理奈の世界

映画『風の電話』、『恋恋豆花』と2作の映画で主演を務めるニュースター・モトーラ世理奈。彼女のこれまでの足跡と、これからの展望についてうかがいます。

特集5

SKE48 26thシングル『ソーユートコあるよね?』

須田亜香里のソーユートコあるよね?

SKE48の26thシングル『ソーユートコあるよね?』でセンターを務める須田亜香里。本曲にかける思いとは?

注目ポイント1

ブロス探偵舎~2月 テレビ番組解説&コラム~

地上波、BS、CS、配信などなどひっくるめた番組解説を大ボリュームで掲載。謎のテレビ批評集団「ブロス探偵舎」が、さまざまな番組の面白さ、見どころを誌面の限りご紹介します。地上波テレビのない生活をおすすめするコラムなど、これからのテレビ生活とともに、人生が充実する必見のコーナーです。

連載

連載コラムも強力ラインナップ!

・松尾スズキ&河井克夫「チームカラマーゾフの兄弟の遊んでる部分の唄」
・爆笑問題「天下御免の向こう見ず」
・清水ミチコ「私のテレビ日記」
・光浦靖子「脈アリ?脈ナシ?傷なめクラブ」
・細野晴臣&星野源「地平線の相談」
・岡村靖幸「あの娘と、遅刻と、勉強と」
・大根仁「中春スケッチブック」
・Perfume「たちまち、語リンピックせん?」
・岩井秀人「自意識がびゅっびゅー」
・マキタスポーツ「鼻マキタ道場」
・風間俊介「ダンスはうまく踊れない」
・きゃりーぱみゅぱみゅ「あたしアイドルじゃねぇし!!!」
・川谷絵音「ブレないから、やるせない」
・大森靖子「大森靖子の超一方的完全勝利」
・鈴木涼美「可愛くってずるくっていじわるな妹になりたい」
・天久聖一「ノベライズ・ジャパン」
・掟ポルシェ「大切な思い出がツバまみれ」
・細川徹×五月女ケイ子「Oui! アシスタントディレクターブロ子」
・片桐仁「おしえて何故ならしりたがりだから」
・久保ミツロウ・能町みね子・ヒャダイン「久保みねヒャダこじらせブロス」
・岩井勇気(ハライチ)「でもあの子、俺じゃなくて主人公のこと好きなんだよな。」
・戸田真琴「肯定のフィロソフィー」
・藤田菜七子「菜七子のここだけ馬(ば)なし」
・川田十夢(AR三兄弟)「月刊マン・オン・ザ・ムーン」
・大橋裕之のTV
・豊﨑由美「トヨザキ社長の査定したった!!」
・しりあがり寿「月刊はなくそ時評」
・おおひなたごう「俺に血まなこ」
・友沢ミミヨ「だいすきまめおやじ」
・chelmico「キスがピーク」
・ウィキ直し(ゲスト・吉田豪<前編>)
・ありえ~る・ろどんの星に聞いてくれ!



(内容は変更になる場合があります)
Culture Bros.

映画、音楽、ラジオ、舞台、ゲーム、書籍、コミックをご紹介。
今号は、映画部門は『1917 命をかけた伝令』特集、音楽部門からは『フィロソフィーのダンス』、ラジオは『キラメキミュージックスター「キラスタ」』(FM NACK5)三浦祐太朗&斉藤百香など、カルチャーの今をとにかくお届け!

次号予告
TVBros. 2020年4月号
発売日:2020年2月22日(土)(一部地域は発売日が異なります)

バックナンバー一覧画面へ »「TV Bros.」のバックナンバー一覧

「TV Bros.」のカスタマーレビュー

おすすめ度

(0件のカスタマーレビュー)

あなたの意見や感想を教えて下さい。

ページトップへ